7つの習慣 第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」  

AD

はい! マナビトです。今回の参考書籍は全世界で4,000万部、国内240万部を超え、今も読み続けられるビジネス書の大大ベストセラー『7つの習慣』。人生哲学の定番で分かりやすく解説している本書。もはやビジネスパーソン必読の本書は完訳、マンガ、動画等あらゆる媒体で親しまれています。まだ、読んだことのない方、読みはしたけど忘れてしまった方へ向けて本ブログでは要点を絞ってコミカルに分かりやすい解説を試みようと思います。それでは、いってみましょう!

AD

前回のかんたん振り返り

前回のテーマは『第4の習慣「Win-Winを考える」その2』でした。

Win-Winは結果を求めるだけではうまくはいきません。5つの柱があって初めて実現します。

小瓶さん
小瓶さん

5つの柱を確認していきましょう。

①人格②関係③合意
基礎となる
自分の人格が
充実している
お互いの
信頼関係が
強く結ばれている
双方の合意が
なされ、実行協定
が成立している
④システム関係を継続するしくみが円滑に機能している
⑤プロセス結果に至るための望ましい過程をたどっている
Win-WInを達成を支える5つの柱 まんがでわかる7つの習慣 P113

素晴らしい人格、お互いの信頼関係、そしてお互い議論を尽くして納得した合意があり、それを支えるシステムとプロセスがあることによって、Win-Winが成り立つのです。

詳しくは過去記事をご覧ください♪ 今回のテーマは『第5の習慣「理解に徹し、そして理解される」』です。早速、一緒に学んでいきましょう!

AD

7つの習慣 第5の習慣 「聞くこと」から始める

マナビト
マナビト

小瓶さん、ねえねえねえねえねえねえ、聞いてください。私の話を。良い話を聞いてください。きっと小瓶さんも気に入ってくれるはずです。だから聞いてください。

小瓶さん
小瓶さん

マナビトさん、どうされたんですか?

マナビト
マナビト

聞いてください。聞いてください! 私の話を! 私と小瓶さんでWin-Winの関係になりましょう! お互い損はないはずです。どうでしょうか。悪くない話ですよね!!

小瓶さん
小瓶さん

マナビトさん、気持ちは嬉しいです少し落ち着きましょう。

マナビト
マナビト

小瓶さん、せっかく良い話なのに、聞いてくれないんですか?私の話を。聞いてくれればWin-Winの話、良いと思うのですが。。聞いてくださいよ!

マナビト
マナビト

小瓶さんは、なんて話が分からない人なんだ! 信じられない。

マナビトと小瓶さんのやりとりを見て、あなたはどう感じましたか? マナビトは自分の言いたい気持ちが先走りすぎて、小瓶さんのことや何を望んでいるのかすら理解しようとしていませんね。これではWin-Winの関係を築く大事な柱「人格」「関係」「合意」のどれも達成できていません。

ズバリ、マナビトに足りていないのは「相手の話を聞くこと」です。コミュニケーションの種類は「読む」「書く」「話す」「聞く」とあります。コミュニケーションで一番重要なのは「聞くこと」と7つの習慣の著者フランクリン・コヴィーは言っています。

コミュニケーションをテクニックに頼ってしまうと・・・

マナビト
マナビト

なるほど、聞くことが大事なのですね! 私は、ビジネススキルを勉強していて交渉術や会話術といったことを習得しています。小瓶さんの気持ちを丸裸にしてやりますよ!

小瓶さん
小瓶さん

マナビトさん、いくら交渉術や会話術といったテクニックがあっても「相手を操ってやろう」とか「丸裸にしてやろう」という心があれば相手は身構えるばかりでとても心を開いてくれませんよ。

コミュニケーションで大事なことは相手のペースに合わせること。それは、聞くことによって相手は「自分のペースに合わせてくれているな」と感じるものです。

マナビト
マナビト

わかりましたよーーー。聞けばいいんですね。聞けば!

小瓶さん
小瓶さん

マナビトさん、聞くにもレベルがあるのですよ! レベルの高い「聞くこと」ができてはじめて、Win-Winの関係性が成り立つのです。

マナビト
マナビト

ひえーーーWin-Winの道のりは険しい!!

AD

7つの習慣 第5の習慣 Win-Winのために「聴く」

小瓶さん
小瓶さん

「聞く」ではなく「聴く」。心理学では「積極的傾聴」という言い方もしますね。

早速、相手の話を「聴く」レベルを見ていきましょう。

レベル
感情移入して聞く
相手の目線で聞く。相手が世界をどう見ているのかを感情移入によって理解する
Win-Winの関係へ
注意して聞く
関心を持って深く聞く。相手が問題と考えていることが何かを理解しようと努める
選択的に聞く
自分が興味のある部分にのみ関心を持ち、自分の目線で解釈・評価する
聞くふりをする
ただ相づちを打つだけで、話の内容には無関心。別のことを考えている
レベル
無視する
話しかけられても返事をしない。相手の存在を認めた振る舞いをしない
話を聞くことからWin-Winの関係が始まる まんがでわかる 7つの習慣 P131
マナビト
マナビト

オヨヨ〜 私は話を聞こうともしていなかったので、0点・・・ 感情移入して話を聞くまでは程遠いですね・・・

小瓶さん
小瓶さん

そうですね。Win-Winの関係を築くには、最高レベルの聞くスキルが必要になります。

最高レベルの聞くスキル

最高レベルの聞くスキルとは、「共感による傾聴」です。

【共感による傾聴】
相手の目線で話を聞き、心の底から誠意を持って相手を理解しようとすること。
相手が「何を言ったか」ではなく、「どう感じたか」に注力する
マナビト
マナビト

なんか、難しそうですね。

小瓶さん
小瓶さん

相手が「どう感じたか」ということに耳を傾けるには時間をしっかりかける必要があります。しっかり、聞いた分相手からの信頼を得られやすくなります。

共感し傾聴するには相手をしっかりと向き合う必要があります。そのため、どうしても時間が長くなりがちです。しかしながら、それ以上に相手との絆や信頼を生むことができますので、Win-WInの関係を築くために必要なこと「関係」と「合意」を高めることができるのです。

自分を磨く「人格」、相手との関係性を強化する「関係」「合意」はすぐにできるものではありません。一歩ずつ着実に信頼を貯金していく感覚で行動を続けましょう

AD

7つの習慣 第5の習慣 まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。聞く力、重要ですね。それだけでも一冊の書籍になるぐらい大切なスキルです。「話すこと」よりも「聞くこと」からWin-Winの関係を築けるように日々、行動していきましょう!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました