アドラー心理学 「人生のタスク」と向き合うと自分を変えていくことができる

はい! マナビトです。今回の参考書籍はシリーズ600万部の大ベストセラー「嫌われる勇気」です。フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。そのアドラーの心理学を哲人と青年の会話で分かりやすく解説している本書。まだ、読んだことのない方、読みはしたけど忘れてしまった方へ向けて本ブログでは要点を絞ってさらに分かりやすい解説を試みようと思います。それでは、いってみましょう!

前回のかんたん振り返り

前回のテーマは『劣等感とコンプレックスは同じ意味ではない!? 劣等感はプラスになる!』でした。

劣等感とコンプレックスの意味を確認していきましょう。

【劣等感とコンプレックスとは】
劣等感|「価値(Wert)」が「より少ない(minder)」「感覚(Gefühl)」という意味
コンプレックス|複雑に絡み合った倒錯的な心理状態を表す用語

劣等感とコンプレックスは、全く別物ですね。では、劣等コンプレックスとはどんな意味でしょうか。

【劣等コンプレックスとは】
劣等コンプレックス|自らの劣等感をある種の言い訳に使い始めた状態のこと
例)「AだからBできない。」

自らの不幸を「特別」のものと武器にしていると、その人は永遠に不幸を必要としそれに依存することによって抜け出しにくくなるでしたね。詳しくは過去記事をご覧ください♪ 今回のテーマは『「人生のタスク」と向き合うと自分を変えることができる』です。早速、一緒に学んでいきましょう!

アドラー心理学 人生のタスク(課題)

マナビト
マナビト

人生のタスク(課題)。いきなり大きなテーマですね! 人生と言われましても、大きすぎてどうしたら良いか分かりません。そもそも、人生のタスクとは何でしょう?

テツヒトさん
テツヒトさん

マナビトさん、アドラー心理学では。人間の心理面と行動面の在り方について、はっきりとした目標があります。まずは、それ確認していきましょう。

【アドラー心理学 行動面での目標】
① 自立すること
② 社会と調和して暮らせること

行動を支える心理面の目標が次の通りです。

【アドラー心理学 心理面での目標】
① わたしには能力がある、という意識
② 人々はわたしの仲間である、という意識

わたしの仲間である、という意識

マナビト
マナビト

自立すること、社会と調和して暮らせること、わたしには能力があるという意識は何となく理解できます。人々はわたしの仲間である、という意識というのは何でしょうか? 人々は仲間とか敵とかになるのですか?

テツヒトさん
テツヒトさん

前回、学んだ劣等間を覚えていますか? 劣等感は他者がいなければ成り立たないものです。

他者を意識する際に、勝った・負けたと競争心を持つことがあるかと思います。ライバルがいるとあなたも触発されて力を発揮することもあります。その関係性が「仲間」と呼べる存在であればの話です。多くの場合は「競争相手は仲間にならない」のです。また、次のことも重要です。

対人関係の軸に「競争」があると、人は対人関係の悩みから逃れられず、不幸から逃れることができません。

嫌われる勇気 P95
テツヒトさん
テツヒトさん

勝ち負けだけに目を向けてしまうと、周囲の人全員が、つまり世界中が敵だと思い込むようになるのです。そうなると勝ち続けても競争の螺旋から抜け出せなくなり苦しくなる・・・つまり不幸になるのです。

マナビト
マナビト

ずっと、競争をし続けるということは行動面でも心理面でも大変なことですね。名曲でこういう歌詞ありました。「僕が僕であるために、勝ち続けなければならな〜い♪」結構、孤独な戦いですね。では、どうしたら良いのでしょうか?

テツヒトさん
テツヒトさん

ここで出てくるのが、最初に話した「人々はわたしの仲間である、という意識」です。仲間であれば無理に競争することはないでしょう。そして仲間は危険な存在ではありません。

「人々はわたしの仲間である、という意識」は、あなたの見えている世界を変えてくれます。対人関係の中心に「競争」を置いてしまうと、学校でも仕事でも、人間関係でも、勝っても負けても戦い続けなければなりません。時に自己研鑽のために戦うことは悪くないことですが、それでも競争を中心に置くことは一般的には苦しくなり不幸になっていきます。なぜなら、自分以外みんな敵だ! と思うようになるからです。そこで「周囲の人たちは自分の仲間なのだ」という感覚を得られれば世界は安全で快適な場所に早変わりするのです。

アドラー心理学 人生のタスクの種類

マナビト
マナビト

人生がテーマとはできすぎます。もう少し実践的に落とし込むことはできないのでしょうか?

テツヒトさん
テツヒトさん

そうですね。アドラーも人生のタスクを3つの絆と強調して論じています。

3つの絆

アドラーは「人生のタスク(課題)」のことを強調するために「3つの絆」という言い方をしています。その3つの絆とは次の通りです。

【人生のタスク 3つの絆】
対人関係を軸とし、距離と深さをみていく。
仕事のタスク
交友のタスク
愛のタスク

仕事、交友、愛、これらはあなたが社会的な存在として生きていくなら必ず直面することです。必ず直面するので「人生のタスク(課題)」というわけです。仕事、交友、愛について「対人関係を軸」として考えていくのです。その考え方はそれぞれの距離と深さです。では、具体的にどういったことを考えていくのでしょう。

仕事のタスク

仕事というのは、他者との協力を無くして成立するということは原則としてありません。どんな仕事であれ、他者と関わって行っています。例えば、人と出会わずにリモートワークをしていたとしても、通信しているその先には相手がいますし、あなたが作った生産物にしても誰かに届かなければお金に変えることができません。働いて報酬を得るということは相手がいないと成立しないのです。

交友のタスク

交友というのは、仕事と離れた友人関係のこと。仕事であれば「しなければならない」ことになりますが、交友はそういう強制力は働きません。そうなると相手との距離を縮めることも深めるのも簡単なことではないのです。

愛のタスク

愛のタスクは最も難しい。愛とは2段階に分かれます。一つは恋愛関係、もう一つは親子関係です。交友関係で友人となり恋人と発展することもあるでしょう。そうなると距離も深さも友人関係とは変わってきます。今まで友人としての付き合いであれば許せていたことが許せなくなったり、異性と話したりすると嫉妬することもあるでしょう。しかし、アドラーは相手を束縛することは認めず相手は幸せなら祝福することができる。それが愛というものとしています。これは浮気を肯定したいのではなく、「この人と一緒にいると、自由に振る舞える」と感じた時それが愛ということです。自由を奪う束縛は愛とはいえません。距離や深さが違うからこそ、仕事・交友のタスクと比べて最も難しいのです。

「人生のタスク(課題)」と向き合う

マナビト
マナビト

なるほど。人生のタスク、仕事・交友・愛のタスクがあることとその重要性も分かってきました。全部がうまく行けば良いですが、そうじゃない時・困難な時はどうすれば良いですか?

テツヒトさん
テツヒトさん

まず最初にすることはそのタスクに向き合うことです。一番ダメなことは良くない状態にあるのに「このまま」放置してしまい立ち止まってしまうことです。

マナビト
マナビト

タスク(課題)と向き合うことですか。意外でもなく、確かにそうですよねーという感想です。

人生のタスクと向き合うこと。ごく当たり前の回答ですが、なかなか実行に移せない人は少なくありません。過去の出来事は関係なく今のあなたがライフスタイル(人生の在り方)を決めています。それが、目的論ですが目的が変わることによって世界は敵だらけになったり、仲間に囲まれたりと見え方が変わってきます。今、仕事・交友・愛のタスクで困難な状況の際にアドラーは「さまざまな口実を設けて人生のタスクを回避しようとすること」を人生の嘘と呼びました。

マナビト
マナビト

人生の嘘とは・・・アドラーさんもなかなか辛辣なことを言いますね。そんなこと言われても、すぐにはタスクをこなせないことがあるじゃないですか!

テツヒトさん
テツヒトさん

マナビトさん、また人生の嘘をいっていますよ。

人生のタスクに向き合う際に必要なのは「勇気」です。アドラー心理学は勇気の心理学とも呼ばれています。原因論ではなく目的論に立つとあなたは「自らの人生を選ぶことができる、そしてその力を持っている」ということになります。

アドラー心理学 まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。人生のタスクに向き合う際に必要なのは「勇気」。アドラー心理学で度々、「勇気」というフレーズが登場しますね。具体的にどうすれば良いのか? それは次回以降にかんたん解説します♪ ぜひ、楽しみにしておいてくださいね。アドラー心理学を学ぶ際に目的論はおさえておかないと分からなくなりますので、ぜひ過去記事もご参照くださいね。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました