行動経済学ってなに? どういう学びなの?              

はい! マナビトです。今回の参考書籍はシリーズ累計70万部 消費者心理の基本がわかる『行動経済学見るだけノート』です。行動経済学って何? 私と関係ないと思われたあなた。実は様々なシーンを行動経済学で説明ができます。かんたんに言うと行動経済学とは、心理学の理論を応用して経済を読み解くと言うこと。心理学✖️経済学です。人は消費する際に時に合理的ではない行動をします。その理由は感情があるから。感情によって消費行動が変わります。今回は『行動経済学ってなに? どういう学びなの?』です。それでは一緒に学んでいきましょう!

行動経済学ってなに?

マナビト
マナビト

マーケティングやお金の勉強をしていると、ちょいちょい登場してくる行動経済学。普通の経済学とは何が違うんだろうか? そして、最近になってよく耳にするような気がするな〜

こんどう学君
こんどう学君

こんにちは! こんどう学と申します。

マナビト
マナビト

こうどうがく・・・さん?

こんどう学君
こんどう学君

違います! こんどうまなぶと申します。私は行動経済学をマナビトさんに教えるためにやってきました。

マナビト
マナビト

おー! なんと都合の良い! ちょうど行動経済学のことを知りたかったのです。ぜひ、教えてください。行動経済学ってなんですか?

こんどう学君
こんどう学君

行動経済学(Behavioral Economics)は「心理学と経済学(Psychology and Economics)」とも呼ばれる領域の学問なんです。

マナビト
マナビト

心理学と経済学が行動経済学!?  どういうこと??

行動経済学とは、こんどう学君が言っているように「心理学と経済学」と呼ばれる領域の学問です。それは、私たちの心の働きに着目して経済や金融などの動きを理解しようとする経済学の一分野です。心の働きに着目するとはどういうことかみていきましょう。

心が経済を動かしている

マナビト
マナビト

心が経済を動かすってホントですか!? そんなバカな!! 人はもっと賢いですよ。賢く経済を動かしていますよー。

こんどう学君
こんどう学君

マナビトさん、実はそうでもないのです。人は時として合理的ではない行動を取るものです。なぜなら人には感情があり、感情によって消費行動も変わってくるからです。

人の感情は常に一定ではありません。例えば、周囲の人の行動をみて「私も〇〇を買った方が良いのかな?」や、体調・気分がよく「今日はランチにデザートまで付けちゃおっかな」、天候が悪い日は「いつも遠い行きつけのB店だけど、雨だから近場のA店にしようかな」等、感情によって行動が変わります

人は合理的でない行動をする

マナビト
マナビト

でも、雨だから近くの店へ行くって心理学というより当たり前のことなんじゃないですか? わざわざ心理+経済学=行動経済学って格好良く言わなくても良いのでは・・・?

こんどう学君
こんどう学君

マナビトさん、確かに合理的な考え方ですね。ただ、人は合理的でない行動も取るから分からないし面白いんですよ。

例えば、同じ利率の値引きでも「全品10%引き」というより「消費税還元セール!」と広告した方が反応がよかったということがあります。消費税も10%ですので、やっていることは同じですが伝え方が違うのです。これは〇〇引き! というワードに対して慣れてしまった消費者が消費税還元というワードに惹かれて消費行動が変わったということです。消費者に「消費税は高い! できれば払いたくない」というマインドが根底にあるからと考えられます。

なぜ今、行動経済学が注目されているのか?

マナビト
マナビト

お金の勉強をしていると、じわじわと行動経済学というワードを耳にします。私だけかな〜、注目されていますか?

こんどう学君
こんどう学君

行動経済学は20世紀に誕生した比較的新しい学問です。2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー氏は行動経済学の権威で、近年注目されていると言っても良いでしょうね!

伝統的な経済学と近年の行動経済学、それぞれ特徴があります。伝統的な経済学は長期で見ると有効ですが短期的な変化を説明するには不向きでした。そこで心理学を掛け合わせた行動経済学の登場です。

心理学の有用性

マナビト
マナビト

短期的な行動を見るには心理学を活用するんですね。どういうことを活用するのですか?

こんどう学君
こんどう学君

心理学を使うことによって、私たちの意思決定のプロセスを説明することでできるのです。短い期間の経済を読み解くとどんな良いことがあるか分かりますか?

行動経済学は心理学の意思決定のプロセスを活用して1週間や1ヶ月間という短い期間で起きた経済に関する変化を説明をする際に優れています。経済に関する変化とは「株価の価格」「為替レート」という市場から「一人一人の消費行動」「企業のプロジェクト・マネジメント」「財政の運営」「経済の危機的な状況」などです。それらの原因解明や説明をするのに役立つので今、コロナ禍での副業や株式投資などお金に関する知識に人々の目が向き、行動経済学もより注目されるようになったと考えられます。

行動経済学 まとめ

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。実は私も株式投資や副業といったお金の知識を求めるようになって、行動経済学という学問を知りました。大学は経済学部でしたが頭に無かったようです。より生活に密着した学問なので、「実はあの行動も行動経済学で説明できるのね!」と目から鱗の知識がたくさんあります。消費者心理の基本が分かる行動経済学。一緒に学んでいきましょうー♪

それでは、また!

より詳しく知りたいあなたは下記より『行動経済学見るだけノート』をお買い求めください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました