行動経済学 ヒューリスティック                  

はい! マナビトです。今回の参考書籍はシリーズ累計70万部 消費者心理の基本がわかる『行動経済学見るだけノート』です。行動経済学って何? 私と関係ないと思われたあなた。実は様々なシーンを行動経済学で説明ができます。かんたんに言うと行動経済学とは、心理学の理論を応用して経済を読み解くと言うこと。心理学✖️経済学です。人は消費する際に時に合理的ではない行動をします。その理由は感情があるから。感情によって消費行動が変わります。それでは一緒に学んでいきましょう!

前回のかんたん振り返り

前回は『行動経済学 行動ファイナンス』でした。

【行動ファイナンスの位置付け】
行動ファイナンス|金融市場での様々な事象を分析し読み解く
行動経済学|心理学の理論などを応用して、人々の行動・意思決定を分析
プロスペクト理論|行動経済学と行動ファイナンスの核となる中核理論

行動経済学の行動ファイナンスはアノマリー(例外的事象)に対して果敢に分析し読み解こうと生まれた考え方だったのです。良いことも悪いことも人の心が関係しているって面白い。でしたね。詳しくは過去記事ご覧ください。今回は、『行動経済学 ヒューリスティック』です。それでは、一緒に学んでいきましょう。

意思決定を支える直感

マナビト
マナビト

ヒューリスティックですか・・・いきなり専門用語を出されても困ります。眠いので、寝ます。さようなら・・・

こんどう学君
こんどう学君

マナビトさん、説明するので待ってください! ヒューリスティックとは直感的に理解するということです。

マナビト
マナビト

直感的に理解? ますます、分かりません。詳しく教えてください!

ヒューリスティックとは「直感的に物事を理解すること」です。かんたんに言えば、詳細を見るのではなく「物事をざっくりと大枠を掴む」というイメージです。具体例をあげてみていきましょう。下の図をご覧ください。

複雑な情報を単純に把握する心理的営み
こんどう学君
こんどう学君

マナビトさん、図の共通点を一秒で答えてください。

マナビト
マナビト

え? え!? 円!!!

こんどう学君
こんどう学君

これがヒューリスティックです。

マナビト
マナビト

どういうことでしょう???

図は色も違えば、手書きぽかったり、楕円だったり、集合体だったりと詳細をみていけば違うものです。しかしながら、円という共通の形が印象に残りますよね? これが、ヒューリスティックです。詳細な情報を見るのではなく、大枠をざっくりとつかみましたよね。

物事はシンプルに考えることが重要

マナビト
マナビト

ヒューリスティック、大枠をざっくり掴むことは理解できましたがそれができるとどんな良いことがあるのでしょうか?

こんどう学君
こんどう学君

大枠を掴めるということは、意思決定の大体の方向性を定めることができますよね。重要なことをざっくりと押さえれば良いのです。

例えば、コンビニで小銭を使って支払いをするとき、「お会計は483円です。」とすると約500円かーと無意識のうちに詳細な内容を単純に捉えます。それが意思決定に反映され無意識に500円玉で支払いをするようになっています。「だいたいこのくらいか〜」と捉えるのが単純化のヒューリスティックと言います。

メジャーファクターとマイナーファクター

マナビト
マナビト

なるほど。単純化してざっくりと押さえれば良いのですね! ありがとうございます。それでは、実践します。さようなら!

こんどう学君
こんどう学君

マナビトさん、まだ話は終わっていませんよ。単純化は意思決定において大事ですが、何でもかんでも単純化すれば良いというものでもないのです。重要性を見極めることが大切です。

意思決定時に大切なのは、重要性の高い要因であるメジャーファクターとさほど重要性が高くない要因のマイナーファクターを分けることです。

【メジャーファクターを見極める】
例えば、あなたが企業の人事担当者だとします。3名の入社希望者がきた場合、あなたは誰を選びますか?
Aさん|23歳 第二新卒で経験が少ない営業マン。前職での営業成績は5段階中3
Bさん|25歳 経験もそこそこの中堅営業マン。 前職での営業成績は5段階中3.5
Cさん|32歳 エースとして活躍していたベテラン営業マン。前職での営業成績は5段階中の4

上記の3名は他分野ので営業マンであなたの会社での業界での営業力は未知数です。あなたなら誰を採用しますか?将来性を買ってAさんか、バランスの良いBさんか、即戦力として活躍してくれそうなCさんか。ここで単純化してしまうと「他業種の営業マン」と大枠で捉えることとなります。そう捉えてしまうと誰を採用しても一緒ですよね? しかしながら、現実はそうとは限りません。あなたは人事担当者として会社の方針と照らし合わせて、重要性の高い要因であるメジャーファクターに沿って採用活用をしなければなりません。仮に若くて将来性を見込むことがメジャーファクターであれば、Aさんでしょうし、すぐにでも結果を出して欲しいのであればCさんとなります。誰を選ぶのが良い悪いということではなく、メジャーファクターに沿うことによって判断ミスを防ぐことに繋がります

まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。ざっくりと掴むことと重要性の高い要因を押さえることの大切さは分かりましたでしょうか。大枠を捉えることで方向性を定め、メジャーファクターで重要なことは押さえる。組み合わせれば、方向性の違いや判断ミスを避けられそうですね。あなたもヒューリスティックで単純化しつつ、あなたの人生のメジャーファクターで重要事項を押さえましょう。

それでは、また!

詳しく知りたい方は、下記の行動経済学の書籍をお買い求めください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました