アドラー心理学 「他者の関心事」に関心を寄せる

AD

ハイ! マナビトです。今回の参考書籍は大ベストセラー「嫌われる勇気」の続編! 国内合計307万部、世界合計700万部の「幸せになる勇気」。フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。アドラー心理学を哲人から教わった青年はその後アドラー心理学を実践し、3年後哲人を再び訪ねるのですが、アドラー心理学は理想論であって実践的ではない! ペテンだとまくし立てます。そこで、哲人は言います。「多くの人々はアドラー心理学を誤解している」と。まだ、読んだことのない方、読みはしたけど忘れてしまった方へ向けて本ブログでは要点を絞ってさらに分かりやすい解説。それでは、いってみましょう!

AD

前回のかんたん振り返り

前回のテーマは『教育は最大の希望』でした。

人は無力で不自由な状態から自由になりたいと自立を求めています。教育とは自立に向けて「介入」するのではなく「援助」することをいうのです。その中で他者と関わりながら生きていくには「」が必要です。ここでの「知」とは学問の知識だけではなく、人間が人間として幸福に生きるための「知」、すなわち「人間知」を含みます。アドラー心理学は、強制的に介入するのではなく自立のために必要な「人間知」を共に考えることが重要なのです。それこそが教育なのでしたね。詳しくは過去記事をご覧ください♪ 幸せになる勇気の今回のテーマは『「他者の関心事」に関心を寄せる』です。早速、一緒に学んでいきましょう!

AD

「自立」を目標とする具体的な行動とは

マナビト
マナビト

学校の先生であれ、会社の先輩や上司といった指導をする立場であれ、指導や教育する側は教育される側へ「自立」をさせるために援助することが大事だということは分かりました。援助と申しましても、具体的にどう関わっていけば良いのでしょうか?

テツヒトさん
テツヒトさん

ズバリ指導する相手を「尊敬する」ことです。

マナビト
マナビト

指導する相手を「尊敬する」こと!? なぜです? 指導する側の方が尊敬されて然るべきだと感じますが。

テツヒトさん
テツヒトさん

人間は老若男女問わず対等です。それは、「教える側」も「教えられる側」も対等ということです。

まずは、教える立場となるあなた自身が教えられる相手(後輩や部下、生徒、子ども等)に対して尊敬の念を持つことが重要です。尊敬がないところに良好な関係は生まれませんし、良好な関係がないと言葉を届けることもできません。

マナビト
マナビト

それは、どんな問題行動を起こすような人物であっても尊敬の念を示すのですか?

テツヒトさん
テツヒトさん

そうです。「ありのままのその人」を認めることが重要です。

マナビト
マナビト

でも、尊敬って言ったらその人のようになりたいという憧れに近い感情ではないでしょうか?

テツヒトさん
テツヒトさん

それは、本当の尊敬とは言いません。

本当の尊敬とは

マナビト
マナビト

本当の尊敬ではない!? では、本当の尊敬ってどういうものですか?

尊敬について、アドラーと同じ時代に生きた社会心理学者が次のように言っています。

尊敬とは、人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力のことである。尊敬とは、その人が、その人らしく成長発展していけるよう、気づかうことである。

社会心理学者 エーリッヒ・フロム
テツヒトさん
テツヒトさん

先ほども申し上げた通り、「ありのままのその人」を認めることこそ、尊敬するということなのです。尊敬するとは、勇気づけの原点でもあると言えます。

相手を「尊敬する」だけでうまくいくのか?

マナビト
マナビト

「ありのままのその人」を認めることで相手は尊敬する姿勢が重要なことは分かりました。けど、相手を尊敬してもそれに応えてくれないから問題行動を起こす人っているんじゃないのでしょうか?? 相手を尊敬するだけで人間関係うまくいくものなのでしょうか?

相手はあなたがコントロールできるものではありません。相手に「尊敬の念」を示して接して変わるかもしれませんし、変わらないかもしれません。しかし、相手はあなたが尊敬の念を示すことで「自分を受け入れられた」と自立に向けた勇気を取り戻すことはできるでしょう。

マナビト
マナビト

相手次第でそれ以上のことはできない・・・!?

テツヒトさん
テツヒトさん

それでも最初の一歩を踏み出すのはあなたですよ! 相手が変わるか変わらないかは相手の課題、「課題の分離」をしましょう。

「相手を尊敬する」とは、具体的ではあるものの、相手と良い関係性を築くにはもう一歩踏み込む必要がありそうです。

AD

「他者の関心事」に関心を寄せる

マナビト
マナビト

相手をありのまま受け入れるだけでは、なんというか具体的な行動として実践できそうもないです。結局相手次第でもありますし。

テツヒトさん
テツヒトさん

相手をコントロールはできませんし、しようとしてもいけません。さらに踏み込んで行動するとなると「他者への関心」です。

自分自身の場合と想像してください。相手はあなたのことを「ありのまま」認めてくれています。あなたは変に気取る必要もありませんし恐縮する必要もありません。あなたはその人間関係において全くストレスを感じない状況と言えます。例えば読書・映画・音楽やゲームなどといった趣味、身につけたい知識や体験したいことなど、相手があなたの関心事に対して同じような感覚で興味を持ってくれているとしたらいかがでしょうか? 嬉しくなったり相手と一緒にその関心事について話したりしたくなりませんか? 同様にあなたも相手に対して「他者の関心事」に関心を寄せるとどうなるでしょうか。

相手に共感する

マナビト
マナビト

相手が「自分の関心事」に対して関心を寄せてくれたら嬉しいですね! 仲良くなりる気がしますし、一緒に話もしたいです。

テツヒトさん
テツヒトさん

もしも自分が相手と同じ気持ちで人生を送っていたら、どう考えるか?」ということが重要です。アドラーも次のように提案しています。

【アドラーの提案】
まずは、「もしもわたしがこの人と同じ種類の心と人生を持っていたら?」と考える。そうすれば、「きっと自分も、この人と同じような課題に直面するだろう」と理解できるはずだ。さらにそこから、「きっと自分も、この人と同じようなやり方で対応するだろう」と想像することができるはずだ
〜 幸せになる勇気 P54ー
テツヒトさん
テツヒトさん

もしも自分が相手と同じ気持ちで人生を送っていたら、どう考えるか?」という態度を共感と言います。

相手の意見に「私も同じ気持ちだ」と同意することは同調であり、共感ではないのです。

共感とは、他者に寄り添うときの技術であり、態度のことなのです。そして、技術であり態度であるので、誰でも「共感」は身につけることができます。

AD

まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。「他者の関心事」に関心を寄せるということは、相手に共感するということ。共感を身につけることができれば、嬉しくなったり相手と一緒に関心事について話したり行動したりしたくなります。指導や教育する立場になると尊敬される人になろうと思ったり、強い責任感を持って相手を何とかしようとしたりしたくなります。しかし、それは逆効果。「相手のありのまま」を受け入れ、相手の関心事に関心を寄せることで相手が「自立」し変化していくものなのです。指導や教育とは「自立」を援助するだけなのです。そのためにはあなたが一歩先に踏み出さなければなりません。一歩踏み出すのは勇気がいることですが、その一歩で違う景色が見えるかもしれません。あなた自身が変わるか変わらないかも、それもまたあなた自身の課題です。引き続き一緒に学んでいきましょうー!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました