アドラー心理学 「変わること」は大きな決断

AD

ハイ! マナビトです。今回の参考書籍は大ベストセラー「嫌われる勇気」の続編! 国内合計307万部、世界合計700万部の「幸せになる勇気」。フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。アドラー心理学を哲人から教わった青年はその後アドラー心理学を実践し、3年後哲人を再び訪ねるのですが、アドラー心理学は理想論であって実践的ではない! ペテンだとまくし立てます。そこで、哲人は言います。「多くの人々はアドラー心理学を誤解している」と。まだ、読んだことのない方、読みはしたけど忘れてしまった方へ向けて本ブログでは要点を絞ってさらに分かりやすい解説。それでは、いってみましょう!

AD

前回のかんたん振り返り

前回のテーマは『「他者の関心事」に関心を寄せる』でした。

「他者の関心事」に関心を寄せるということは、相手に共感するということ。共感を身につけることができれば、嬉しくなったり相手と一緒に関心事について話したり行動したりしたくなります。指導や教育する立場になると尊敬される人になろうと思ったり、強い責任感を持って相手を何とかしようとしたりしたくなります。しかし、それは逆効果。「相手のありのまま」を受け入れ、相手の関心事に関心を寄せることで相手が「自立」し変化していくものなのでしたね。詳しくは過去記事をご覧ください♪ 今回のテーマは『「変わること」は大きな決断』です。早速、一緒に学んでいきましょう!

AD

勇気も、尊敬も伝わる

マナビト
マナビト

勇気も、尊敬も伝る? 勇気や尊敬は伝るものではないのですか?

テツヒトさん
テツヒトさん

勇気や尊敬を伝えようと思っても、相手は教えられているという感覚を持ちます。見下すのではなく、かといって仰ぎ見るわけでもなく媚を売るわけでもありません。相手に共感を示しながら、対等な存在として接するのです。そうすると伝わります。

アドラーは次のように言っています。

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する。

アドラー

誰もやっていなくても、あなたが一歩を踏み出す

マナビト
マナビト

勇気も尊敬も実践して、伝わらなかった場合はどうするのですか? 自分から始めたところでうまくいくのかなぁ〜

テツヒトさん
テツヒトさん

伝わるかもしれませんし、伝わらないかもしれません。それは相手の問題であってマナビトさんの問題ではありません。課題の分離ですね。それでも、あなたから始めるのです。最初は理解者や賛同者がいなくとも、勇気も尊敬も伝わるように接していれば、やがて道は開けますよ!

マナビト
マナビト

何だか気の長い話ですし、大変そうだ・・・。私には教育者や指導者は向いていないかもしれません

テツヒトさん
テツヒトさん

教育や指導に限らず、あらゆる対人関係の第一歩は尊敬が伝ることなのです。

マナビト
マナビト

これは、厳しい・・・変われないかもしれません

AD

「変われない」本当の理由

テツヒトさん
テツヒトさん

変われないのではないのです。以前学んだ目的論ですね。言動には隠された「目的」があります。変われないではなく変わりたくない目的を持っているのです。

【目的論とは】
過去にどんな出来事があったとしても、それでなにかが決定されるわけではない。過去のトラウマも、あろうとなかろうと関係ない。人間は、過去の「原因」に突き動かされる存在ではなく、現在の「目的」に沿って生きている。・・・われわれは過去の出来事によって決定される存在ではなく、その出来事に対して「どのような意味を与えるか」によって、自らの世を決定している。
〜幸せになる勇気 P61〜
マナビト
マナビト

自分の人生を決めるのは、過去でもなく未来でもなく「いま、ここ」を生きる自分自身でしたよね。

テツヒトさん
テツヒトさん

そうですね! アドラーの考え方は「人間は、いつでも自己を決定できる存在である」ということです。

マナビト
マナビト

アドラーが言っていることはよくわかるのですが、ではなぜ人は簡単には変われないのでしょうか? 目的論からいうと「変わりたくないから」なんですが、なぜ変わりたくないのかな〜

「変わる」ということ

テツヒトさん
テツヒトさん

ズバリ、変わるということは強い言葉でいうと「死そのもの」なのです。

マナビト
マナビト

「死そのもの」!? なにそれ!! 怖い。

何かを選ぶということは何かが選べなくなること(捨てること)です。同様に「自分を変える」ということは「それまでの自分」に見切りをつけて否定し顔を覗かせないようにして葬り去ることです。そこまでやってようやく「新しい自分」が生まれるのです。

マナビト
マナビト

でも、「過去に死ぬほど辛い思いをしたとか頑張ったとか、それがあるから今の自分がある」と過去を否定しないこともありますよね!?

過去の捉え方は「いま」にかかっている

テツヒトさん
テツヒトさん

それは「いま」を肯定するために、不幸だったはずの「過去」をも肯定しているのです。

マナビト
マナビト

逆に言うと「いま」を肯定できると「過去」も肯定できると言うことですか!?

「いま」この時、あなたは自分自身に満足していないとします。そうすると過去は灰色に塗りつぶされてしまいます。「あの時、こうすればよかった」「あの人がこうだったから自分はできなかった」と。つまり、理想の過去の環境があれば「いまの自分」は素敵だったはずだ! と存在しない可能性の中に生きていることに等しいのです。

過去は存在しない

「いまの自分」が過去をどう意味付けるかによって、捉え方が変わってきます。なぜなら、過去とは、取り戻すことのできないものではなく、そもそも「存在していない」からです。

マナビト
マナビト

過去は存在しない!? そんなことってありますか?? 嘘を教えないでください。説明してくださいよー!

テツヒトさん
テツヒトさん

詳しくは次回をお楽しみに♪

マナビト
マナビト

オヨヨー

AD

まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。変わることは大きな決断とは、今までの自分を切り捨てて、つまり死を意味しておりそこから新しい自分を生み出すと言うことでしたね。「変わることはそれまでの自分の死を意味すること」と聞いたら、大きな決断を迫られていると感じますね。

ただ、それまでの自分と言うものも「いまの自分」の状態によって良くも悪くも捉え方が変わってきます。さらにそもそも過去が存在しない! と言うことまで言及。アドラー心理学、結構強烈な考え方ですよね。だからこそ面白いですし、実践すると買われそうです。簡単ではなさそうですが。

集中すべきは「いまの自分」。

私の場合、本業も副業も、プライベートな時間も、自分だけの時間も全部大事。目標に向かう「いまの自分」は嫌いではありません。だからブラック企業(と思われる)に勤めていたことだったり、ライバルに先を越されたりした過去もその時は気持ち的に落ち込むことはありました。でも、今はそう言うことがあったか前向きにコツコツと継続できる自分を手に入れることができたと肯定的に捉えています。

人間万事塞翁が馬。良いことも悪いこともいろいろありますが、「いまの自分」を大事にこれからも楽しんでコツコツと継続していきます! あなたと一緒に成長できると幸せです♪

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました