アドラー心理学 すべての仕事の価値は同じ          

ハイ! マナビトです。今回の参考書籍は大ベストセラー「嫌われる勇気」の続編! 国内合計307万部、世界合計700万部の「幸せになる勇気」。フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。アドラー心理学を哲人から教わった青年はその後アドラー心理学を実践し、3年後哲人を再び訪ねるのですが、アドラー心理学は理想論であって実践的ではない! ペテンだとまくし立てます。そこで、哲人は言います。「多くの人々はアドラー心理学を誤解している」と。まだ、読んだことのない方、読みはしたけど忘れてしまった方へ向けて本ブログでは要点を絞ってさらに分かりやすい解説。それでは、いってみましょう!

前回のかんたん振り返り

前回のテーマは『人生のタスクは信用なのか、信頼なのか』でした。

【信用と信頼】
信用|相手のことを条件付きで信じること
信頼|他者を信じるにあたって、いっさいの条件をつけないこと
【人生のタスク 3つの絆】
対人関係を軸とし、距離と深さをみていく。
仕事のタスク
交友のタスク
愛のタスク

仕事、交友、愛、これらはあなたが社会的な存在として生きていくなら必ず直面することです。必ず直面するので「人生のタスク(課題)」というわけです。仕事、交友、愛について「対人関係を軸」として考えていくのです。その考え方はそれぞれの距離と深さ仕事の関係とは「信用」の関係、交友の関係とは「信頼」の関係

そして、生きることは働くこと。注目すべきはそこに「善悪」がないことです。他者と分業しなければ生きていくことはできず、他者と「分業」するにはその人のことを信じなければならないのです。詳しくは過去記事をご覧ください♪ 今回のテーマは『すべての仕事の価値は同じ』です。早速、一緒に学んでいきましょう!

アドラー心理学 利己心を追求すると他者貢献になる

マナビト
マナビト

仕事の関係は信用の関係。仕事をすることで、他者との信用を築ける♪ 分業して他者のために頑張るぞーおう!

テツヒトさん
テツヒトさん

マナビトさん、イギリスの哲学者、倫理学者、経済学者でもあるアダム・スミスはこのように言っています。『分業の根源にあるのは人間の「利己心」だ』と。

マナビト
マナビト

オヨヨー利己心って自分のためですよね? 他者と分業して生きていくというアドラーとアダム・スミスは違う考えなのでしょうか?

「利己心」とは、自分の利害だけをはかって、他人のことを考えない心のこと。アドラーは他者貢献を強く推奨しており、利己心とは真逆のように感じます。アダム・スミスのいう分業とアドラーのいう分業は全く別物なのでしょうか? アダム・スミスの分業の考えを確認しましょう。

【アダム・スミスの考えた分業】
純粋な利己心の組み合わせが、分業を成立させる。
 ▷自分の得意分野に集中して取り組み、それを他者と組みわせる。その際に「誰ひとりとして自分を犠牲にしていない」ということが重要。
利己心を追求した結果、一定の経済秩序が生まれる。

皆が利己的に自分の利益になることに集中して得意分野を伸ばし、それを組み合わせることが高次の分業システムが生み出される。これはアドラーが重要視する「他者貢献」とつながっています。

つまり、利己心を追求した先に、「他者貢献」があるのです。

アドラー心理学 分業に競争は生まれないのか

マナビト
マナビト

でも、分業しているとどうしても、価値がある仕事と価値が低い仕事が生まれ、そこに競争が生まれるではないですか? アドラーは競争原理に身を置いてはいけないと言っていましたよね?

テツヒトさん
テツヒトさん

いいえ。仕事に価値の優劣はありません

仕事に優劣はなく、すべての仕事の価値は同じです。大統領や首相などの国のリーダー、一家庭の専業主婦、一企業の会社員、自営業者、フリーター等、すべての仕事は「共同体の誰かがやらなければならないこと」であり、われわれはそれを分担しているだけなのです。

マナビト
マナビト

どのような仕事も同じ価値なのですか? 私のような会社員でも大統領でも一緒なのですか?

テツヒトさん
テツヒトさん

一緒です。仕事は誰かがやらなければならないことを分担しているだけ。そして、競争ではないですが、違いは出てきます。それは仕事に取り組む態度です。

仕事は競争ではなく、その取り組む態度が重要

マナビト
マナビト

仕事を取り組む態度ですか。どういうことでしょうか。

テツヒトさん
テツヒトさん

アドラーの言葉を一緒に確認しましょう。

人の価値は、共同体において割り当てられる分業の役割を、どのように果たすかによって決められる

アルフレッド・アドラー
マナビト
マナビト

なるほど! つまり、どういうことでしょうか?

テツヒトさん
テツヒトさん

人の価値は「どんな仕事をするか」ではなく、その仕事に「どのような態度で取り組むか」で決まるよって言っています。

マナビト
マナビト

その仕事に「どのような態度で取り組むか」でその人の価値が決まる。仕事の種類は関係なく、その人の態度が重要ということですか。

アドラー心理学 仕事に善悪はなく、すべて同じ価値

マナビト
マナビト

意地悪な質問していいですか? 仕事に真摯に取り組んでいれば、人の命を救うお医者さんと人の弱みにつけ込んで高利子で弱者に貸し付ける金融業者、これも価値は同じなのですか?

テツヒトさん
テツヒトさん

価値は同じです。

マナビト
マナビト

えーー何でですかぁ??

共同体にはありとあらゆる仕事があり、その多様性こそが豊かさです。もし、価値のない仕事であればやがて淘汰され存在しておりません。今もある求められているからこそ医者も高利貸しの金融業者も存在します。

危険なことは中途半端な正義

マナビト
マナビト

でも、やっぱり高利貸しの金融業者は弱みにつけ込むという仕事も価値があるというのは納得いかないな〜

テツヒトさん
テツヒトさん

実情を知らずに金融業者は悪であり価値がないと思い込むのも危険ですよ。先ほど話にも出たように多様性こそが豊かさなのです。

善悪というのは、その人の立場や主義・主張によって変わってくるものです。自分が知っている世界観だけで中途半端に正義を掲げるほど危険なことはありません正義に酔いしれた人は、自分以外の価値観を認められず、他者の考えを無視した「正義の介入」へと踏み出すのです。課題の分離という考えからも介入は褒められたことではありません。

どんな仕事でも善悪はなく価値は同等。大事なのは「仕事に取り組む態度」なのです。

アドラー心理学 まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。何をするかよりも、どう在るべきかが重要だと私は解釈しました。本業でも副業でも信念を持って取り組みたい。社会人18年目ですが、我が我がという感情は少なくなってきたのではと感じます。ガツガツした若さがないと言われればそれまでですが、どう在りたいかを考えるようにしています。「究極の利己心は他者貢献につながる」という考えも共感。職人気質なイメージですね。あなたは仕事をどのように捉えていますか? 考えるきっかけになれば幸いです。これからも一緒に成長していきましょうー♪

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました