必見!短期一発合格を目指す資格試験の学習方法

AD

はい! こんにちは、マナビトです。資格試験にチャレンジする方は、一発合格を目指す方がほとんどだと思います。情報はたくさんあるけど、結局どんな学習方法が良いかわからない! という方も多いのではないでしょうか。さまざまな学習方法がありますので、一つの考え方として読んでいただければと思います。

AD

資格試験の本質を知る。

身も蓋もないことを言いますが、資格試験で合格するためには、知識量でもなく常識の有る無しでもなく、「時間内に合格点を取ること」です。

例えば、人気資格の宅建士。初学者にどうやって学習しますか? と質問した時

「テキストをしっかりと読み込む」「先生の講義を聞く」「重要事項をまとめたノートを作る」という答えが少なくありません。繰り返しになりますが、資格試験で合格するためには「時間内に合格点を取ること」です。

では、どうすれば「時間内に合格点を取ること」ができるのでしょうか?

結論は「過去問題を解くこと」です。「何だ、そんなことか。資格試験を受ける時、過去問題を解くのは当然のことではないか」と、思われているのではないでしょうか?

では、いつ過去問題を解いて、どんな目的で過去問題を解くのか? ということを抑えていますでしょうか。学習をされている方から質問を受けていて、意外と「何のために過去問題を解くのか」ということが分かっておらず、試験対策だからと問題を解いている方も多いように感じます。

短期一発合格を目指すための学習方法のポイントは、過去問題の活用方法にあります。

  1. 5年程度の過去問題に、テキスト・講義を学習せずに、チャレンジする。
  2. 解答解説をみて再度、過去問題を読み返す。
  3. テキスト、講義で分からない科目を学習する。
  4. 過去問題に再チャレンジし、解答解説を確認する。
  5. 何度も間違えた科目(弱点)を再度テキスト、講義、解答解説で学習する。
  6. これを3周以上繰り返す。時間があるのであれば、5周でも10周でも繰り返す。

いきなり、過去問題にチャレンジする。

一見、無謀とも思える学習方法ですが、目的は「どんな相手(試験)にチャレンジするのか?」を理解することにあります。「知識ゼロから過去問題にチャレンジしても、解答できないから意味がない。」と敬遠しないことをおすすめします。

具体的に、何を理解する必要があるのか。それは、「その問われる問題の深さ・広さを知る」「自分が知っている一般常識で答えられる問題はないのか」「時間内にどれだけ解答できるか」ということです。その傾向を知るために1週間程度で5年分の過去問題を解きたいところです。

自分が挑もうとする相手(試験)を知らずして、対策を行っても不安は募るばかりです。まず、正確に相手(試験)を知ることから始めましょう。

解答解説を確認し、過去問題を再確認

せっかく、苦労して知った相手(試験)。それで、終わってしまってはもったいない。参考書には必ずと言ってよいほど、解答解説がついています。解答解説はあなたが挑戦する相手(試験)の攻略法です。最初は専門用語ばかりで全く理解はできないかもしれませんが、それこそが相手(試験)の世界の言語となります。全く分からなくても相手の世界を「へえ、そうなんだ」ぐらいでもインプットしていきましょう。

学習が進んだ際に、「この部分はそういうことだったのね。」と理解が深まるかと思います。

テキスト・講義で学習内容を確認する

過去問題を一通り、終えたらテキスト・講義で知識をつけていきましょう。時間がない方は分からなかった科目のみ集中して学習していきましょう。時間に余裕がある方は、知識を厚みを持たせるために一通り学習しましょう。

資格試験において、テキストと講義を見ることはあくまで手段であって目的ではありません。目的は「時間内に合格点を取ること」です。人の役に立ちたい、実務レベルで知識を身に付けたい等、本当の意味での学習・教養ということは試験合格後にじっくりとできます。ですので、どうしても理解ができない科目で範囲が広すぎるという箇所は思い切って捨てるのも方法です。それでも択一問題なので、点を拾える可能性はあります。

過去問題に再チャレンジ

解答解説・テキスト・講義で知識を補強したあなた。過去問題を解く際も違った景色が見えるはずです。何度も同じ問題を解いて意味があるのか? という問いもありますが、完璧に解けるようになる、理解するまでになると、応用ができるようになっています。挑むべき相手(試験)としっかりと向き合いましょう。

このループを何回転もする

よく、自分の持っている教材以外に何かやる必要はありませんか? という質問をいただくことがあります。基本的には必要ありません。過去問題→解答解説・テキスト・講義→過去問題→解答解説・・・このループを信じて頑張りましょう。

直前対策として、模擬試験にチャレンジするのは重要です。機会があれば、チャレンジしましょう。

AD

絶対、受かる!という気持ちを持つ。

根性論ではないですが、やはり気持ちというものは大事です。自分が何のためにこの資格にチャレンジしているのか? どんな夢・目標があるのかを忘れずに学習していきましょう。手帳などに夢・目標を書き記すのもモチベーションを保つコツです。

とはいえ、長い受験勉強。気持ちが乗らないこともあります。自分自身を奮い立たせるために、朝一番にTwitter等を利用して、今日何をするのかということを宣言しましょう。1日1日の積み重ねが大切です。また SNSを活用すると同じ試験を目指す仲間と巡り会うこともモチベーションアップにつながります。

独学では難しいという方は、通信講座を利用するのもおすすめです。

資格のキャリカレ ユーキャン たのまな

AD

体を動かす。

心身のバランスが取れてこそ、力を発揮できます。試験に合格するためには、しっかり学習することはもちろん、軽い運動も重要です。ウォーキング、エクササイズ、筋トレ等自分に合った運動を取り入れると良いでしょう。

AD

あなたは、必ず成長する。

資格試験にチャレンジすることは、もちろん合格することが目的ですが、必ずあなたを成長させてくれます。積み重ねた知識や習慣は受験勉強だけでなく、思わぬ場面で役立ちます。

今日も学んでいきましょう! それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました