マーケティングを理解する〜戦略と戦術はどっちが大事?〜

AD

はい! マナビトです。マーケティングのかんたん解説の戦略編の5回目です。初心者にも非常に分かりやすく解説されている『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』を参考に、マーケティングを甘くみていた過去の自分へ向けた、そして知識を定着させるために簡単にまとめてみようと思います。

AD

前回のかんたん振り返り

前回は「戦略的に考える」でしたね。戦略思考をする際に、必要な戦略用語は目的・目標・戦略・戦術がありました。戦略思考というのは、目標に対して目的があり、目的を達成するための戦略があり、戦略を実行する戦術となっていましたね。今回は「戦略と戦術はどっちが大事?」ということを学習していきましょう。

AD

戦略と戦術はどっちが大事?

マーケくん
マーケくん

マナビトさぁん、戦略と戦術ってどっちが大事ですかねぇ? その前に、戦略と戦術の意味の復習をしましょう。まだ、同じ意味とは思っていないですよね。

マナビト
マナビト

マーケさん、前回学んだことですよ! 今はまだ、覚えています! 今はね…

戦略目的を達成するための資源配分の選択のこと戦術戦略を実行するためのより具体的なプランですね!

マーケくん
マーケくん

おーー、マナビトさぁん正解です! では、今回「戦略と戦術どっちが大事?」という学ぶ準備はできましたね。では、早速学んでいきましょう!

戦略と戦術、どちらが大事か? 悩ましいところですね。どちらも大事というのは間違い無いです。では、戦略と戦術の良し悪しという視点で学習していきましょう。

A
 戦略は悪い 
 戦術は良い 
B
 戦略は良い 
 戦術は良い 
C
 戦略は悪い 
 戦術は悪い 
D
 戦略は良い 
 戦術は悪い 
戦略と戦術はどっちが大事?

さぁ、上の表で結果が出やすい順番を考えてみてください。いかがですか? Bは戦略も戦術も良いので、一番良さそうということは分かりますね。皆さんは戦略と戦術の片方どちらかが良いAとDで迷ってはいませんか? もしくは戦略の方が上位にあるので、Dが次に良いとお考えでしょうか。いずれにしても戦略と戦術がともに悪いCが一番よくないとお考えではないでしょうか

正解
B(最も良い|戦略は良い/戦術は良い)
D(次に良い|戦略は良い/戦術は悪い)
C(まだ良い|戦略は悪い/戦術は悪い)
A(最も悪い|戦略は良い/戦術は良い)

正解は、B(最も良い)←D(次に良い)←C(まだ良い)←A(最悪|戦略は悪い/戦術は良い)です。

マナビト
マナビト

マーケさん、納得いきません!! なぜ、良いが入っているAが最悪なんですか?? 順調に成長している私を見て、意地悪をしているんじゃないですか!!!

マーケくん
マーケくん

マナビトさぁん、意地悪なんてとんでもないですよ! 事実です。戦略が悪くて、戦術が良いというのは最悪なんです!!

なぜ、戦略が悪くて戦術が良いのは最悪なのか?

例えば、あなたが東京に住んでおり、広島に行きたいという目的があるとします。戦略が良いなら「正しい方向」へ進路を取っています。戦術はどうやっていくか具体的な方法です。ここでは新幹線で行くか、自転車で行くかにしましょう。では、先程の正解に当てはめてみましょう。

Bの戦略良く戦術も良い場合は、広島という目的地へ正しい方向に新幹線で向かうので一番に到着できそうですね。Dの戦略悪く戦術も良い場合は正しい方向に自転車で向かうので遅いですが、確実に近づいていますね。では、戦略が悪い場合はどうでしょう?  戦略が悪い場合は間違った方向へ向かうことになります。広島ではなく、北海道へ向かうというイメージです。ということは、戦術は目的へ到達するためのスピードだとするとAの戦略悪く戦術が良い場合、ものすごいスピードで間違った方向へ向かっていることとなります。戦略が間違っていれば、何もしなかった方が良かったということにもなりかねません。

戦略が大事!

東京から広島へ向かう例からもわかる通り、戦略を誤れば戦術でカバーすることはできないのです。つまり、戦術よりも戦略の方が大事なのです。企業戦略や個人の戦略にとって、「どこで戦うか(戦略)」を正しく見極めることの方が「どう戦うか(戦術)」の前に大事なのです。まずは、あなた自身の大戦略を決めるべきです。「戦略が強いと正しい方向へ進み、戦術が強いと遠くまで行ける」ということを覚えておいてください。

AD

戦術は大事ではないのか?

マナビト
マナビト

マーケさん、分かりました! 戦略をしっかりと押さえとけば良いんですね! 戦術はまあ何となくやります!

マーケくん
マーケくん

マナビトさぁん、無論戦術も大事です。戦術も重要であることは間違いありません。戦術は消費者との接点なのですから。

せっかく良い戦略を立てて正しい方向へ向かっても到達するための戦術が悪ければ、到達するまでにライバルに負けてしまいますね。戦術ももちろん重要なのです。実際に消費者に見られるのは目的でもなく戦略でもなく戦術なのです。東京から広島まで行くことを例にすると、行く手段である戦術「飛行機なのか、新幹線なのか、バスなのか、自転車なのか、徒歩なのか」とそこに目が行きがちです。正しい方向へ向かっていても徒歩だと1ヶ月はかかるんじゃないか? バスだと時間はかかるが寝れるかも、新幹線は4時間でちょうど良いまとまった時間かもなど戦術の中身は気になるものです。

どうやって目的地に行くのか、という戦術も大事にしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます! 戦略を誤っていると、大きなロスにつながることが分かりましたね。あなたの戦略はいかがですか? これを機会に見直してみてはいかがでしょうか? ちなみに私は、「悠々自適な老後(気が早い!)」と「今を楽しむ」という目的のために、会社員+副業で稼ぐ力をつけたいという戦略です。悠々自適はまだまだ遠いですが、今を楽しむという目的は戦略的に間違っていないかなと感じています。では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました